HOME  >  所属弁護士  >  手打 寛規

所属弁護士

手打 寛規  Hironori TEUCHI  |  弁護士(東京弁護士会所属)

経歴

1996年3月 中央大学附属高等学校卒
2002年3月 中央大学法学部卒
2003年10月 弁護士登録(56期)
当事務所入所
2004年4月〜2016年3月 中央大学法科大学院実務講師
2005年7月 オランダ王国アムステルダム大学 夏期研修(アメリカ法)履修
2008年4月〜2011年3月 双日株式会社法務部に出向
2011年4月〜 当事務所復帰
2013年3月 エクスコムグローバル株式会社社外監査役
2013年3月 経営革新等支援機関認定
2016年4月〜 放送大学非常勤講師
2016年5月〜 カウンセリング教育サポートセンター理事
2016年9月〜 中央大学法学部兼任講師
2018年9月〜 CAMS(Certified Anti-Money Laundering Specialist:公認AML(アンチ・マネー・ローンダリング)スペシャリスト)

弁護士会関係

2005年4月〜 東京弁護士会民事介入暴力対策特別委員会委員
2014年度 日本弁護士連合会代議員
2014年度 東京弁護士会常議員
2015年7月〜 日本弁護士連合会高齢者・障害者権利支援センター幹事
2016年4月〜 東京弁護士会民事介入暴力対策特別委員会副委員長

主な著作

  • 『民事介入暴力対策マニュアル 第4版』(共著、ぎょうせい、2009年2月)
  • 『反社会的勢力リスク管理の実務』(共著/主幹、商事法務、2009年11月)
  • 『暴力団排除と企業対応の実務』(共著、商事法務、2011年)
  • 『Q&Aでわかる 民事執行の実務』(共著、日本法令、2013年2月)
  • 『反社会的勢力を巡る判例の分析と展開』(共著、経済法令研究会、2014年8月)
  • 『企業における反社会的勢力との関係遮断への取組み』(「会社法務A2Z」 2014年3月号 第一法規)
  • 『企業に求められる反社会的勢力排除に向けた取組み』(「会社法務A2Z」2016年6月号 第一法規)
信条

<誠実であること>

司法試験に合格した時、急に自分が弁護士になっていいのか不安になりました。そこで、当時、受験指導でお世話になっていた先生に相談したところ、「あなたは誠実ですか?」との質問が返ってきました。私は考えた末「誠実かどうかは分からないけれど、誠実であろうと努力しているつもりです」(何とも煮え切らない回答ですが、若気の至りとご容赦下さい)と答えました。すると先生は、「その努力を続けなさい。弁護士は人の人生を引き受ける仕事。優秀かどうかではなく、誠実かどうかで仕事の結果が決まるのです」と。なんだかほっとしたような、逆に怖くなったような。

それ以来の私の信条です。

ページのTOPへ